現在 10件表示 
10273  

ツリー表示  i-mode  検索    戻る

感想・お問い合わせはこちらからどうぞ


クイックアクセス

[5] 名建築で学ぶ六甲山麓 ...   [4] ホームページの充実   [3] ホームページ更新しま ...   


(2006/07/07 11:51:38 〜 2006/06/14 10:56:56)


  [5] 名建築で学ぶ六甲山麓の文化・連続講座のお知らせ 2006/07/07 11:51:38 

六甲山麓の環境文化を生かそう <旧乾邸>活用応援倶楽部 主催
「名建築でまなぶ六甲山麓の文化」
 連続講座(第7回)
「原田の森の物語」
 よみがえる1950年〈神戸博覧会〉
      −その会場計画とパヴィリオン

かつて原田の森と言われた地域では、1950年に現在の王子公園を主会場に日本貿易産業博覧会(神戸博覧会)が開催されました。その計画において、置塩章、渡邊節ら戦前期を代表する建築家と、美術家集団「新制作協会」(1936年設立)参加の丹下健三、山口文象、池辺陽ら当時気鋭の建築家らが、パヴィリオンの設計を担当し、小磯良平や中西勝、柳原義達といった同協会の芸術家達によって博覧会のポスターや会場内の装飾などがデザイン・制作されたことは、今日あまり知られていません。
旧関西学院チャペルとして創建され、同博覧会ではパヴィリオン「アメリカ館」にも使用された現「神戸市立王子市民ギャラリー」を会場にして、この話題を中心にした講演会を開催します。

講 演 「よみがえる1950年〈神戸博覧会〉
       −その会場計画とパヴィリオン」
講師/神戸大学発達科学部助教授 梅宮 弘光 
   1958年神戸生まれ 近代建築史専攻
  
「原田の森界隈について」
講師/港まち神戸を愛する会「港まち通信」編集長 中尾 嘉孝

日 時  平成18年8月12日(土)
     午後2時 〜 午後4時30分

場 所  「神戸市立王子市民ギャラリー」
     (旧 関西学院ブランチメモリアルチャペル)
阪急王子公園駅より西へ・JR灘駅より北西へ・各徒歩6分
市バス91・92系統「王子動物園前」下車すぐ
神戸市立王子動物園西側(神戸市灘区王子町3丁目1−2 電話078-882-2028)
  

参加費 : 一般/1500円、
     <旧乾邸>活用応援倶楽部会員・学生/1000円
     港まち神戸を愛する会会員/1000円

申込み方法 : お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、 
        参加人数 をお書きの上、
Fax(078-261-0775)宛てにお申込み下さい

締 切:平成18年8月9日迄、先着順といたします
定員(70名)になり次第締め切ります・お早めにお申込みください

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [4] ホームページの充実 2006/07/06 15:14:25 

日頃の忙しさに紛れて、ホームページが更新されないまま過ぎていき気になっていましたが、この度、使い易いページに直してもらいました。これからマメに情報発信していきたいと思っています。どうぞ、よろしくお願い致します。

  この記事は このアドレス で表示できます。


  [3] ホームページ更新しました。 2006/06/14 10:56:56 

この新着情報のページとプロフィールのページを
更新しました。

  この記事は このアドレス で表示できます。




 
CoolNote2 Ver 3.7
2003年以前の更新記録はこちら
Copyright (C) 2001-2006 U-SPACE WORKSHOP Corporation. All Rights Reserved.