[8] 旧乾邸の催し 2007/05/28 17:12:12 

御    案    内

六甲山麓の環境文化を生かそう <旧乾邸>活用応援倶楽部 主催
「名建築でまなぶ六甲山麓の文化」 連続講座(第8回)

石垣が織りなす町並み
−「石」から見た阪神間住宅地の景観−

阪神間の代表的住宅地のひとつである住吉山手・御影を歩くと、花崗岩(御影石)で造られた石垣が特徴的な景観要素であることに気付かされます。今回は、阪神間の住宅地を特徴づける「石垣」に着目した阪神間の住宅地の景観、そこで培われてきた洋菓子や下町のお好み焼き店まで幅広いフィールドにわたる研究者を講師に迎えて、町並みや文化について考えます。 講師のガイドにより、会場周辺の見事な石垣景観を見学します.


講演テーマ  「石垣が織りなす町並み」
−「石」から見た阪神間住宅地の景観−
     講師:武庫川女子大学生活環境学部生活環境学科
 三 宅 正 弘 准教授

日時:平成19年6月9日(土) 午後2時〜午後4時30分

会場:「旧乾邸」 
阪急御影駅より北東へ徒歩15分
   JR住吉駅より市バス38系統乗車
   「白鶴美術館前」下車、南へ徒歩すぐ3分
※ 駐車場はありませんので、自動車でのご来場はご遠慮ください

資料代:一般500円  
<旧乾邸>活用応援倶楽部会員・学生300円
    
申込み方法:お名前、ご住所、電話番号、参加人数をお書きの上、FAX(078-261-0775)にてお申込み下さい。
締切:平成19年6月1日迄
先着順・定員(50名)になり次第、締め切り。
なお、申し込み後に主催者からの案内はありません。直接、会場にお越し下さい。

問い合わせ先: <旧乾邸>活用応援倶楽部事務局(遊空間工房内)
(Fax)078-261-0775(Tel)078-261-0337 

  この記事は このアドレス で表示できます。




[ TOP ] [ HOME ]
CoolNote2 Ver 3.7